東京の服飾・ファッション専門学校 | 目白ファッション&アートカレッジ (Mf&ac)

- 学科紹介

アパレル産業科APPAREL BUSINESS

APPAREL BUSINESS

プロ講師の指導のもと
高度な作品の製作を学ぶ

  • 昼間部
  • 1年制

01.より高度なレベルの技術を身につける1年間

本科はファッションクリエイト科を卒業後、1年間でより高いレベルの技術を学ぶために設置された学科です。工業用パターンや立体裁断、特殊素材の扱い方など専門的な知識を身につけ、高い技術力が要求される作品を製作します。企業で求められるプロレベルのスキルを習得します。

02.パターンメーキング技術検定2級取得が目標

上質な服であるほど、神経の行き届いたパターンづくりが不可欠です。工業用パターンメーキングを中心に、実際にアパレル企業で行われている服作りの流れに沿って学習します。そしてパターンメーキング技術検定試験の2級取得を目指します。

03.海外の一流講師からプロレベルの技術を習得

立体裁断などの分野で高い技術を持ち、世界の有名デザイナーを育てた実績を持つ講師を海外からお招きし、マンツーマンで作品製作の指導を行います。少人数クラスはまるでアトリエのような空間。自由な発想で創作活動をし、高度な技術を確実にマスターすることができます。

学べるスキル

  • 服装造形理論
  • 立体裁断
  • アパレルCAD・CAMシステム演習
  • コンピュータスキル
  • 企業パターン研究
  • 服づくりの基本から応用までを学ぶ

    デザイン画やパターン製作などの基本を学んだ上で、美しいフォルムと機能性を追求したレベルの高い服づくりをめざす。テーマ、素材、イメージから独創性のある作品をつくり、アイデアを表現する能力を高める。

  • 人台を使った立体裁断の技術をマスター

    立体でイメージした形を、的確に表現するスキルを身につける。人台(ボディ)を使った立体裁断は難易度が高いテクニック。素材やディテールに配慮しながら、段階的に技術を高めていく。

  • コンピュータを用いたパターン作成

    CADはコンピュータ支援設計とも呼ばれ、効率的にパターンを作成することを可能にしたもの。実際にアパレル企業で使われる技術を理解し、パターンの入力や展開、縫い代つけ、マーキングなど専門的な知識を実践で習得。

  • 素材を理解しデザイン技術を高める

    ファッション業界で使われているグラフィックソフトの使い方を学び、デザイン力を高める。数ある素材の特徴を理解し、素材感とデザインを表現するためのCGテクニックを覚える。オリジナル柄の製作も可能。

  • 既製服の生産に関する理解を深める

    アパレル産業の既製服生産現場で使用されている、品質や合理性を考慮したパターンについて学習。さらに工業生産ラインでの製造工程や製造方法など、実際に既製服を生産するシステムについての知識を身につける。

取得できる資格

  • パターンメーキング技術検定2級
  • 文洋裁技術検定上級
  • ファッション販売能力検定
  • 文部科学省後援 色彩検定
  • ファッションビジネス能力検定

目指す職業

  • デザイナー
  • パタンナー
  • ソーイングスタッフ
  • ファッションアドバイザー
  • スタイリスト
  • 営業
  • プレス
  • バイヤー
  • ショップマネージャー

あなたの「ファッション」を
「仕事」にする。
その第一歩を、目白から。