東京の服飾・ファッション専門学校 | 目白ファッション&アートカレッジ (Mf&ac)

MENU

- 学科紹介

高度ファッションデザイン科ADVANCED FASHION DESIGN

ADVANCED FASHION DESIGN

世界で通用する服飾造形
技術とスキルを学ぶ

  • 昼間部
  • 4年制

01.本場のファッションを学べる海外研修が2回

2年生でニューヨークのFIT(ファッション工科大学)、4年生では、ヨーロッパのデザインオフィスで研鑽を積む海外研修を予定しています。本場の第一線で活躍中の現役デザイナーから、プロの技術とビジネスセンスを学ぶことができます。

02.4年間でプロとして通用するスキルを習得

3年生までのカリキュラムで、レディースの立体裁断、特殊素材の扱い方などの専門知識から、4年生では高級な服を扱う時に役立つメンズテーラードの高度な技術まで、プロレベルのスキルを習得。国内の工房に出向いて優れた素材を探すことから服づくりに取り組むなど、実地研修も充実。

03.自分の服を売るためのビジネス知識を学ぶ

国内外でスムーズに素材の仕入れをするための交渉術、輸出入実務など、自分のブランドの服をビジネス展開するための実践的な知識や手法を学びます。また、自分のブランドを設定し、一流講師の指導のもと、一年を通してシーズンごとのデザインをマンツーマンで作り上げていく密度の高いカリキュラムも。

04.服飾関係の資格に加え高度専門士も取得可能

パターンメーキング技術検定2級、ファッションビジネス能力検定といった服飾にまつわる資格に加え、専門学校で4年間の教育課程を経た人材を対象に与えられる、高度専門士の資格も取得できます。

学べるスキル

  • 服飾造形理論
  • 立体裁断
  • アパレルマーチャンダイジング
  • メンズテーラード
  • 服づくりの基本から応用までを学ぶ

    デザイン画やパターン製作などの基本を学んだ上で、美しいフォルムと機能性を追求したレベルの高い服づくりをめざす。テーマ、素材、イメージから独創性のある作品をつくり、アイデアを表現する能力を高める。

  • 人台を使った立体裁断の技術をマスター

    立体でイメージした形を、的確に表現するスキルを身につける。人台(ボディ)を使った立体裁断は難易度が高いテクニック。素材やディテールに配慮しながら、段階的に技術を高めていく。

  • 商品企画から販売の全体像を理解

    ブランドのマーケティング調査から商品企画の立案、市場戦略の構築、販売促進における仕事という一連の流れを理解する。具体的な商品開発のフレームを知るために、実際に企業を訪問することも。

  • 素材・型・仕立てをマスター

    3年生までに培った技術をベースにして行う、4年次限定のカリキュラム。高級な服を扱うときに役立つメンズテーラードの技術を身につける。

取得できる資格

  • パターンメーキング技術検定2級
  • 洋裁技術検定上級
  • ファッション販売能力検定
  • 文部科学省後援 色彩検定
  • ファッションビジネス能力検定

目指す職業

  • デザインディレクター
  • デザイナー
  • パタンナー
  • ソーイングスタッフ
  • ファッションアドバイザー
  • スタイリスト
  • 営業
  • プレス
  • バイヤー
  • ショップマネージャー

あなたの「ファッション」を
「仕事」にする。
その第一歩を、目白から。