東京の服飾・ファッション専門学校 | 目白ファッション&アートカレッジ (Mf&ac)

- 学科紹介

ファッションクリエイト科FASHION CREATE

FASHION CREATE

少人数制指導で
基礎から応用まで学べる

  • 昼間部
  • 2年制

01.理論・技術の両面からバランスよく学習

実習を中心としたパターンメイキング、縫製技術、デザイン画以外に、マーケティングなどビジネス面での知識を得られる科目も多いので幅広く学習でき、進路選択の範囲が広いことが特徴です。指導する教員は業界経験者ばかり。しかも少人数制なので学生の個性に合ったペースで無理なく学べます。

02.将来役立つ技術を確実に習得できます

CADやMacなど最新設備も充実しており、デザインやパターンの技術を着実に習得。パターンメーキング技術検定では2級・3級ともに高い合格率を誇っています。また特別教養講座では年数回、第一線で活躍する業界人から将来に役立つお話を聞く機会も設けています。

03.ショーなど作品発表のチャンスがいっぱい

学内のイベントや学外コンテストへの参加など、在学中に大勢の観客に作品を見てもらう場が数多くあります。特に年に一度のファッションショーでは応募したデザインの中から発表作品を決定し、スパイラルホール*で披露。このイベントでは、これまで学んだことの成果を発表できます。
*2010~2019年実績。年度により会場が変わることがあります。

学べるスキル

  • 服飾造形理論
  • アパレルマーチャンダイジング
  • ファッションデザイン画
  • 服飾造形実習
  • コンピュータスキル
  • パターンを作成する方法を学ぶ

    洋服を作る上でパターンは設計図のようなもの。机上で用紙に線を引く平面製図と、人台(ボディ)に布をピンで留めたり、切ったりして形を作る立体裁断の両方を学ぶことで、オリジナルのパターンを作成できるようになる。

  • 企画・生産・販売の流れを実践的に学ぶ

    アパレル産業の実務に近い形で、繰り返し演習し、スキルアップしていく科目。プレゼンテーションやロールプレイングで、商品企画からトレンド分析、生産、販売管理までトータルに学習する。

  • デザイン画を描く技術を習得する

    各種の画材を使って、プロポーション・ディテール、素材、色彩プランを考えながらデザイン画を描き、それらを企画書に落とし込む実習。またデザインコンテストに応募し、視覚表現の手法をマスターする。

  • 縫製の基本技術を身につける

    基礎縫い、部分縫いから始め、ミシン、アイロンの使い方を習得する。スカート、ブラウス、パンツ、カットソー、裏布付きスカート、ジャケット、そしてオリジナル作品へと進む。高度な技術へと少しずつステップアップする。

  • ファッション業界のIT化に対応

    Macのレイアウト・グラフィックなどデザインソフトやCADの操作方法に加え、企画書作りやテキスタイルデザインについても学ぶ。現在ファッション業界で必要とされているITスキルを確実に身につける。

取得できる資格

  • パターンメーキング技術検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 文部科学省後援 色彩検定
  • フォーマルスペシャリスト検定
  • 洋裁技術検定
  • ファッション販売能力検定
  • 准教員認定
  • 教員認定

目指す職業

  • デザイナー
  • パタンナー
  • ソーイングスタッフ
  • ファッションアドバイザー
  • スタイリスト
  • 営業
  • プレス
  • バイヤー
  • ショップマネージャー

あなたの「ファッション」を
「仕事」にする。
その第一歩を、目白から。