ファッションビューティー科 FASHION BUSINESS

昼間部 1年制 ファッションとビューティーを学ぶ

  • 01ファッションリーダーに
    必要な感性を養う
    ファッションの専門だからこそ経験できる充実のカリキュラム。イベントやショーなど課外活動により、現場で通用する人間性と技術を身につけます。ファッションからビューティーまでの全体像を前期の共通カリキュラムで学び、後期の選択カリキュラムではコースに分かれ、高度な専門性とスキルを習得します。
  • 02洋服を美しく着こなす
    表現力を身につける
    商品知識やディスプレイなど、店舗の演出についても実践的に学習。ウォーキングやシェイプアップダンスなどで感性を磨き、洋服を綺麗に着こなすための幅広い表現方法を学びます。そして、ファッションショーや学内イベントではオーディションを経て、モデルの経験もできます。
  • 03メイクやネイルを基礎から
    応用まで段階的に習得
    メイク、ヘアアレンジ、ネイルなどを基礎から応用まで段階的に身につけ、デモンストレーションと相モデルなど実習を中心に学びます。学内のファッションショーイベントでは、モデルのヘアメイクやネイルなどの担当をします。
卒業生の声〈REAL VOICE〉

学べるスキルSKILL

モデルの魅力を引き出すヘアアレンジ
ヘアアレンジは、ファッションやメイクの美しさを最大限に引き出すための大切な要素。キュート、エレガント、ブライダルなどさまざまなテーマ・TPOに沿ったヘアスタイルを作り出せる技術をマスターする。
メイクのプロから実践的に学ぶ
第一線で活躍するメイクのプロによるデモンストレーションを行う。メイク理論を体系的に学ぶほか、相互にモデルとなる相モデルによる実技演習、スキンケアやマッサージの基礎から応用、幅広いメイクの技術まで内容は多彩。
ネイルの基礎から応用までを学ぶ
ネイルケアをはじめ、健康で美しい爪を保つための基礎知識を学びます。道具や器具の使用法、ネイリストの心得を理解。サロンワークに向けてワンランク上の3D・ジェルまでを習得します。
モデルをコーディネイトして写真撮影
他学科と合同でグループごとにテーマを決め、コーディネイトやメイク、フォトポージングまで学生自ら考えて撮影を行います。優秀作品は学外のコンテストに出品することもあります。
動きや表現の仕方など表現技法を理解する
ファッション・ビューティー業界で活躍するための身のこなし方や、ウォーキングやポージング、表情の作り方や表現の仕方、動きを最大限に演出できるスキルを基礎から幅広く身につけます。

取得できる資格QUALIFICATIONS

  • 文部科学省後援 色彩検定
  • ネイル検定
  • フォーマルスペシャリスト検定
  • ファッション販売検定

目指す職業MAIN OCCUPATIONS

  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト
  • ヘアメイク
  • ビューティーアドバイザー
  • エステティシャン
  • ファッションアドバイザー
  • コスメ雑貨販売
  • サロンオーナー
  • バイヤー
  • スタイリスト
  • モデル