ファッションアドバイザー科 FASHION ADVISER

昼間部 2年制 凝縮のカリキュラムで効率良く学ぶ

  • 01販売の知識とスキルを
    1年間で効率良く習得
    1年間で効率良く、ファッションアドバイザーという職種に必要な知識と技術を身につけることを目標としています。1年後の就職を目標に、就職ガイダンスやインターンシップなどサポートも充実。プロ並の知識を持つお客様に満足してもらい、販売の第一線で活躍する能力をきたえます。
  • 02店舗スタッフに必要な
    知識を得る多彩な科目
    販売だけではなく、将来バイヤー・マーチャンダイザーとして活躍していくために必要な商品知識や仕入・販売技術、ディスプレイなどを学習します。またパソコン、ヘアメイク、撮影に関する授業などカリキュラムは多彩。もちろん業界を熟知したプロから学ぶので、効率よく学習できます。
  • 03自分の目で見て感じる
    課外授業がいっぱい
    本科では課外授業も充実しています。新規オープンの店舗やマスコミで話題の小売店を見学するショップリサーチ、自らドレスアップしてTPOに合わせたコーディネイトを実践する校外学習など、教養を深める授業がたくさんあります。またファッション販売能力検定など試験対策も行われます。
卒業生の声〈REAL VOICE〉

学べるスキルSKILL

セールス・接客技術を習得する
店舗で商品を販売し、売上を促進することがファッションアドバイザーの重要な仕事。商品説明やファッションアドバイス、お直し、ラッピング、レジ対応などを店舗に近いリアルな状態で演習する。
売り場の演出方法を学習する
小売店での販売の仕事では、売り場をどう魅力的に演出するのかが大切なポイントとなる。照明や空間、商品を陳列するラック、マネキンの配置など、来店客がわくわくする“見せ場”の作り方を学ぶ。
アパレル商品全般を理解する
実際の商品にふれながら共通言語となる専門用語や、ディテール、サイズ、素材、品質表示、アイテムの特長を理解。ファッション業界で活躍するために必要不可欠な基礎知識を吸収する。
コーディネイト技術を身につける
まずはコーディネイトの重要性を理解。その後実際の洋服とマネキンを使い、アイテムやシーズン、シチュエーション、カラーのテーマを決めて実践する。トータルなコーディネイト力を高めていく。
モデルを引き立たせる技術を学ぶ
ファッションを引き立たせる上で重要なヘアスタイルとメイクアップの基礎を理解し、具体的な実習としてベースメイクやポイントメイクの仕方、テーマによるヘアメイクの違いについて学習する。

取得できる資格QUALIFICATIONS

  • ファッション販売能力検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 文部科学省後援 色彩検定
  • フォーマルスペシャリスト検定

目指す職業MAIN OCCUPATIONS

  • ファッションアドバイザー
  • ショップスタッフ
  • スタイリスト
  • 営業
  • ショップマネージャー
  • バイヤー
  • マーチャンダイザー
  • プレス