ファッションアクセサリー科 FASHION ACCESSORY

昼間部 2年制 バッグ・アクセサリーのデザインや技術を習得

  • 01ファッションアクセサリー
    の知識と技術を習得
    バッグ・靴・帽子・指輪・ネックレスなど主要なアイテムを製作します。図面、パターン(型紙)作成、素材選びなどの実習を通して、縫製や金属類の加工技術などを学習。ただ作品を製作するだけではなく、相手に伝えるための企画書の作り方やプレゼンテーションまでの一連の流れを理解します。
  • 02生産・販売・流通・貿易
    などを幅広く学習
    卒業後すぐに現場で活躍するため、製作だけでなく業界のバックヤードの理解を深めます。商品がお客様の手に届くまでにはさまざまな工程があります。特に店舗での販売、流通、商品や材料の輸出入に関して豊富な知識を持つことは重要。幅広い専門知識を得ることが可能です。
  • 03作品を発表し評価を
    受けるチャンスも!
    ファッションショーでは作品を発表し、イベント展では個々にブランドを企画し作品製作、一般客に展示・販売します。また外部のコンペや企画展、ファッションショーなどにも積極的にチャレンジ。レザーを使ったバッグや靴、帽子などを製作します。他にもレザーメーカーやバッグ会社の見学、また2年次にはニューヨーク海外研修旅行に参加します。
卒業生の声〈REAL VOICE〉

学べるスキルSKILL

ファッションアクセサリーを取り巻く全体像を理解する
ファッションアクセサリーの商品構成や基礎知識、商品企画、流通、歴史、流行などについて学ぶ。ファッションアクセサリービジネスの全体像をとらえることが目的。
オリジナルのバッグを製作
企画・デザイン、型紙作成、素材選択、そして実際の製作実習を通して、バッグについての基礎的な知識を得られる科目。現場を経験したバッグメーカーの講師から、技術を身につける。
オリジナルの靴を実際に製作する
靴に関する基礎知識として構造、工法、素材の特性などを学習する。各自でのオリジナル製作では道具や工具の使用法から学び、クラフトの要素を多く取り入れながら手作業で作り上げる。
縫製や加工の技術を習得する
バッグ、アクセサリー、ベルト、ネクタイ、ポーチなど小物・服飾雑貨から生活雑貨まで、あらゆるアイテムを作る上で必要な縫製技術、レザー・貴金属の加工方法などを身につける科目。
デッサンの基礎技術を身につける
モノを観察する力と、そこからデザインを発想する能力を磨くと同時に、インスピレーションを形にするためのデッサン力を磨く。画材を用いて描画し、色彩や素材の表現方法を学習する。

取得できる資格QUALIFICATIONS

  • ファッションビジネス能力検定
  • ファッション販売能力検定
  • フォーマルスペシャリスト検定
  • 文部科学省後援 色彩検定

目指す職業MAIN OCCUPATIONS

  • バッグデザイナー
  • アクセサリーデザイナー
  • 帽子デザイナー
  • シューデザイナー
  • 企画
  • ショップスタッフ
  • バイヤー
  • 店長
  • ショップオーナー
  • プレス