卒業生の声 GRADUATE VOICE

2010年度卒業

ファッションアドバイザー科

志村 伊織さん

アメリカンラグシー

ファッションアドバイザー科を卒業した志村さんは、お客様の願いを第一に考えた販売員のスペシャリスト。日々の何気ない会話や微かな仕草から、お客様が今何を求めているのかを導き出すのだそうです。

自分たちの提案や接客で、お客様に喜んで頂ける

なぜMfacに入学しようと思ったのですか?

専門知識を2年間で学ぶ学校が多い中、Mfacは1年間で基礎が学べるということで、早く仕事に就きたかった私にとってとても魅力的でした。また、少人数制のクラスなので質問もしやすく、しっかりと学べるのではないかと思ったからです。

現在はどのようなお仕事をしているのですか?

アメリカンラグシーという会社で販売員をしています。主な業務は、レイアウトやカスタマーサービスの担当です。

現在のお仕事の一番の魅力や興味は何ですか?

一番の魅力は、自分たちの提案や接客で、お客様に喜んで頂けることですね。お客様との会話からお客様の求めていることが見えてくるので、お一人お一人のニーズに合った提案が出来るよう、日々心がけながら接客しています。

Mfacから学んだことで一番現場で役立っていることは何ですか?

ロールプレイングでの授業やファッション販売検定を取得する過程の中で基礎を学べたことで、販売員の実務に入ってから教わることがスムーズに頭の中へ入ってきました。また、ブランドの歴史や商品知識を学んだことでより細かく洋服を分析することができ、接客時にも役立っています。

Mfacに通っていたときの一番の思い出は何ですか?

学園祭(ファッションショー)が一番思い出に残っています。材料の買い出しや放課後の作業など大変なこともありましたが、1からクラスのみんなや先生方と作り上げたショーが形になった瞬間はとても感動しました。

将来の夢や目標を教えて下さい

「このお店に来て良かった」「また来たい」とお客様に思って頂ける接客をし続け、たくさんの人に満足して頂くことが目標です。そのために、これからも自分自身のスキルアップをすすんで図っていきたいと思っています。

これからMfacに入学しようとしている方へメッセージをお願いします

どの学科の先生方もとても親切で頼りになりますので、分からないことや興味のあることはたくさん質問をして、在学中に色んなことを学んでください。何にでも一生懸命に取り組むことがこれからの糧になると思うので、一日一日を大事に過ごしながら目標に向かって頑張ってください。