卒業生の声 GRADUATE VOICE

2002年度卒業

ファッションクリエイト科

小野 原誠さん

motonari ono 代表

デザイナーを志し、Mfacに入学した小野 原誠さん。在籍中はデザインに関する基礎的な知識や技術をはじめ多くのことを学び、それが後の海外留学や自身のブランド活動にも生かされたのだそう。今回は小野さんに、Mfacでの心構えと、夢をつかむ秘訣を教えてもらいました。

少しのチャンスを確実に掴み、一歩一歩進んでいくことが大事

なぜMfacに入学しようと思ったのですか?

当初は別の学校を受験したのですがあえなく撃沈してしまい、「来年は本気出そう!」と自分自身に言い聞かせていた矢先、いろいろな専門学校を調べている中で出会ったのがMfacでした。入学当初は埼玉県にある色んな専門学校の生徒が住んでいる学生寮に入り、そこにいる同じファッションを学ぶ他校の学生にコンプレックスとライバル心を抱きながらも持ち前の反骨精神で学生時代を過ごしました。

現在はどのようなお仕事をしているのですか?

motonari onoという自分の名前のブランドをやっています。主な仕事内容は年に2回のコレクション発表と、それ以外にもアーティストのライブ衣装制作やオーダーメイドのウェディング制作なども行っています。デザインだけでなくパターンや縫製なども自分で行うことが多いのですが、急な制作依頼にも対応しているので、フットワークの軽さを生かして様々な仕事をしています。

Mfacから学んだことで一番現場で役立っていることは何ですか?

Mfacでは主にパターンや縫製といった技術的な面を教えてもらったので、逆にデザインを重視した教育方針である海外の学校に行った際は、Mfacで学んだ基本的な知識がとても役立ちました。

Mfacに通っていたときの一番の思い出は何ですか?

当初は「ただ単純にファッションデザイナーになるための勉強をしよう」と思っていたのですが、Mfacに入学して色んなことを学ぶ内、ファッション業界にはMDやパタンナー生産管理など様々な職種が存在していることを知り、とても驚かされました。それまでは「ここに入学する人たちはみんなデザイナーになりたいのだろうな」と信じて疑わなかったので。

将来の夢や目標を教えて下さい

服を通して人々や社会が豊かになるよう、また日本人みんながファッションやアートをもっと受け入れられるような社会を作れるよう、これからも少しずつではありますが自分なりにムーブメントを起こしていきたいです。

これからMfacに入学しようとしている方へメッセージをお願いします

結果なんてすぐには出ません。才能も持っている人は一握りです。でも、才能なんてなくても成功する人はたくさんいます。夢を目指す中で良いことも悪いことも沢山ある。その中で訪れる少しのチャンスを確実に掴み、一歩一歩進んでいくことが大事です。決して一発逆転なんてありません。地道な積み重ねと周りを巻き込んでいく力、そして自分だけのアンテナを頼りに頑張ってください。